かつやで安くお得に食べる 5つの方法

シェアする


かつやで安くお得に食べる方法

安く おいしいトンカツを食べられる「かつや」。
カツ丼や とんかつ定食をだしている全国展開しているチェーン店です。

店舗数は130店舗を超えて、気軽に とんかつ や カツ丼を食べられる お店です。

私も 休日や 次の日に会社で食べる昼食用のお弁当等 大変お世話になっています。

クーポンで100円引き

かつやで最も簡単に食べる方法はクーポンで100円引きサービスです。

クーポンはいろいろな場所でもらえますので、とっておくのがいいです。
お住まいの近くに「かつや」がある場合は折込チラシとして配っています。

100円引きクーポン入手方法

  • 「かつや」で会計後にもらえる。
  • 折込チラシとして、郵便物入れに配られる。

期間限定メニューで安く食べる

「かつや」の期間限定メニューはこちらから確認できます。

期間限定メニューには 100円クーポンがつかえませんが、株主優待券は使えます。

株主優待で安く食べる

「かつや」を運営している「アークランドサービスホールディングス」の株を持っている場合は、1年間で 550円分の食事券が4枚手に入ります。

ただし、株を買うのに約20万円かかりますので コストパフォーマンスは低いです。
また配当金も安いので 正直 他の高配当株を購入した方がマシです。

株主優待以外でも、金券ショップ等で販売しているので 安く購入できたら お得に「かつや」で食事できます。

朝食メニューで安く食べる

朝食は7:00~11:00で、この時間帯に営業していない店舗では 朝食メニューは実地されていません。

実は朝食メニューでも100円クーポンを使う裏技があります。
100円クーポンは500円以上でしか使えませんが、豚汁等のサイドメニューを頼んで500円オーバーすれば 100円クーポンが使えます。

朝食メニューを実地しているかは店舗案内を参照下さい。

朝食メニュー

  • 朝ロースカツ定食 450円
  • 朝とん汁定食   390円
  • ミニカツ丼セット 390円
  • しょうが焼き定食 450円

ランチで安く食べる

ランチは店舗限定ですが、以下の店舗で実地されています。
また時間も平日の11:00~17:00に限定されています。
時間帯に関してはランチと言いつつも、17:00まで大丈夫なので 店舗に近い所に勤務されている方には 使いやすいです。

100円クーポンは使えませんが、株主優待券は使えます。

ランチメニューを実地している店舗

  • 伊勢佐木町店
  • 蒲田西口店
  • 京王八王子店
  • 新橋店
  • 池袋西口店
  • 名古屋錦店
  • 藤沢南口店
  • 神田東口店
  • 田町店
  • 本八幡店
  • 秋葉原店
  • 京浜川崎店

ランチメニュー

  • カツ丼(梅)+豚汁(小) 500円
  • ソースカツ丼(梅)+豚汁(小) 500円
  • カツカレー(梅) 500円
  • カツ丼(梅)+豚汁(小)+サラダ 600円
  • ソースカツ丼(梅)+豚汁(小)+サラダ 600円
  • カツカレー(梅)+サラダ 600円
  • カツ丼大盛(梅)+豚汁(大) 650円
  • ソースカツ丼大盛(梅)+豚汁(小) 650円

かつやでやすく食べる方法 まとめ

「かつや」で安く食べる方法で最も簡単なのは100円クーポンを使う方法です。

朝食やランチメニューは店舗が限定されるので、あまり実用的ではありません。

そのため、常時100円クーポンを財布に入れておくのが 最も簡単に 「かつや」で安く食べる方法になります。